【ドコモでんき】電気料金は高い?おすすめのプランは?

ドコモ経済圏

この記事を読むのにかかる時間は大体 4 分だよ。

ぷん
ぷん

ども、『ドコモ利用歴15年以上』・『dポイント還元年間約6万pt』のぷんです。

今までドコモ経済圏で電力会社を選ぶなら、「ENEOSでんき」、「コスモでんき」、「サミットエナジー」、「インデックスでんき」とかだったと思います。

そこに、遂にNTTから提供を開始したドコモでんき!!

電力自由化に伴い電力会社を自由に選べるようになった分、

切り替えた際にお得かどうかを見極める必要もでてきて、大変ですよね。

ドコモでんきはポイント還元率CO2排出量実質ゼロというエコに力を入れています。

ドコモでんきを契約しようと思っているけど

ドコモでんきGreenドコモでんきBasicどっちにしたらいいの?

そんなあなたに『ドコモでんきGreen』がいいのか、それとも『ドコモでんきBasic』、はたまた『他社新電力』にすべきなのか、これを見ればスッキリわかります!

2022年12月よりドコモでんきの料金値上げが発表されました(燃料費調整単価上限撤廃により)ので、併せてこちらも見て行ってください。

ぜひ最後まで見ていってくださいね。

こんな人におすすめの記事
  • ドコモでんきの「Green」、「Basic」のどっちにすればよいか迷っている
  • もっとdポイントを獲得したい
  • dポイントが獲得できる新電力を契約済でドコモでんきへ乗り換えを検討している
  • 地域電力会社(東京電力など)の従量電灯を契約している(旧電力)

ドコモでんきの料金プランとポイント還元はどのくらい?

出典『ドコモでんき』より引用

さっそく電気料金(1ヶ月)のプランについてを見ていきます。

基本料金
or
最低料金
地域電力会社+500円地域電力会社と同じ
電力量料金地域電力会社と同じ地域電力会社と同じ

となっており、

ドコモでんきGreenは地域電力会社の料金に+500円
ドコモでんきBasicは地域電力会社と同じです。

次に電気料金に対するdポイント還元率を見ていきます。

ギガホ・ギガライト・ahamodカードGOLD会員10%3%
上記以外5%
上記以外プラン・ドコモ回線契約をお持ちでない方3%2%

ドコモ関連のスマホでdカードGOLD会員の方は、

ドコモでんきGreenにすると10%の高還元率ですね

ドコモ関連スマホだけでも、ドコモでんきGreenは5%の高還元率です。

注意したい点は、
ポイント還元対象が基本料金もしくは最低料金と電力量料金ということです。
(燃料調整費・再生可能エネルギー発電促進賦課金はポイント進呈の対象外)

それでもドコモ関連スマホで、dカードGOLD会員の方は、ドコモでんきGreenを検討してみてください。

GreenとBasicはどっちにした方がいいの?

ドコモでんきGreenにするか、ドコモでんきBasicにするか

電気料金の月平均に対しての比較をしていきます。

月平均
電気料金
ドコモでんきGreen
年間獲得ポイント
毎月+500円なので
年間6000円に対して
獲得したポイントを差引
ドコモでんきBasic
獲得ポイント
1,000円100×12=1,2001,200-6,000=-4,80030×12=360
2,000円200×12=2,4002,400-6,000=-3,60060×12=720
3,000円300×12=3,6003,600-6,000=-2,40090×12=1,080
4,000円400×12=4,8004,800-6,000=-1,200120×12=1,440
5,000円500×12=6,0006,000-6,000=0150×12=1,800
6,000円600×12=7,2007,200-6,000=1,200180×12=2,160
7,000円700×12=8,4008,400-6,000=2,400210×12=2,520
8,000円800×12=9,6009,600-6,000=3,600240×12=2,880
9,000円900×12=10,80010,800-6,000=4,800270×12=3,240
10,000円1,000×12=12,00012,000-6,000=6,000300×12=3,600

月平均が5000円に満たない場合は、獲得したポイントよりもドコモでんきGreenの『+500円』が高くついてしまいます。

また月平均6000円、7000円の場合は、ドコモでんきGreenの『+500円』より多くポイントを獲得できますが、『+500円』がないドコモでんきBasicのdポイント獲得が多いです。

基本的に電気料金が月平均8000円以上かかる場合は、
ドコモでんきBasicで獲得できるdポイント<ドコモでんきGreenで獲得できるdポイント
となるので、ドコモでんきGreenがオススメとなります。

月額電気料金 8,000円未満:ドコモでんきBasicがオススメ

月額電気料金 8,000円以上:ドコモでんきGreenがオススメ

※燃料調整費・再生可能エネルギー発電促進賦課金を含まない金額で算出した場合

ぜひ1年間の電気料金から平均を出してみてください。

ちなみに総務省統計局による

家計調査(家計収支編)より

世帯人数1人2人3人4人5人6人以上
電気代5,468円9,183円10,655円11,376円12,423円14,852円
出典「家計調査結果」(総務省統計局)より抜粋

となっていますので、2人暮らし以上の世帯の方は一度、

電気料金の平均額を算出してみてください。

実際ドコモでんきGreenを使ってみてポイントはどのくらいか

ぷん家の家族構成:ぷん、妻、子1(保育園児)、子2(乳児)
平日昼間も基本的に家に居る。(5/2~6/1は昼間家に居ませんでした)
6/2~7/1はほぼエアコンつけっぱなしでした

2022年7月~9月の支払いで「ドコモでんきGreen」がどうなのか見ていきます

1.電気使用量・電気料金合計・獲得したポイント

電気使用量
(kWh)
電気料金合計
(円)
獲得ポイント
(10%還元)
2022年7月(4/2~5/1利用分)1485,685430
2022年8月(5/2~6/1利用分)984,221320
2022年9月(6/2~7/1利用分)2158,177590

2.電気料金の内訳詳細(ポイント進呈対象とポイント進呈対象外の切り分け)

基本料金
(ポイント進呈対象)
(円)
第1段料金
(ポイント進呈対象)
(円)
第2段料金
(ポイント進呈対象)
(円)
燃料費調整額
(ポイント進呈対象外)
(円)
再エネ賦課金
(ポイント進呈対象外)
(円)
2022年7月(4/2~5/1利用分)1,6442,385741405510
2022年8月(5/2~6/1利用分)1,6441,9480291338
2022年9月(6/2~7/1利用分)1,6442,3852,515892741

3.電気料金の内訳詳細(ポイント進呈対象の合計し消費税を割り戻し)


電気料金合計
(円)
A
燃料費調整額+再エネ賦課金
の合計
(円)
B
A-B
(円)
消費税を割り戻した値
(A-B)/1.1
(円)
獲得ポイント
(10%還元)
2022年7月(4/2~5/1利用分)5,6859154,7704,336430
2022年8月(5/2~6/1利用分)4,2216293,5923,265320
2022年9月(6/2~7/1利用分)8,1771,6336,5445,949590

4.もし「ドコモでんきBasic」だった場合の想定獲得ポイント

電気料金合計
(円)
A
燃料費調整額+再エネ賦課金
の合計
(円)
B
A-B
(円)
消費税を割り戻した値
(A-B)/1.1
(円)
獲得ポイント
(3%還元)
2022年7月(4/2~5/1利用分)5,1859154,2703,881114
2022年8月(5/2~6/1利用分)3,7216293,0922,81084
2022年9月(6/2~7/1利用分)7,6771,6336,0445,494162

5.実質価格は「ドコモでんきGreen」と「ドコモでんきBasic」でどっちが安かったのか

ドコモでんきGreen
電気料金合計
(円)
獲得ポイント
(10%還元)
ドコモでんきGreen
実質電気料金合計
(円)
ドコモでんきBasic
電気料金合計
(円)
獲得ポイント
(3%還元)
ドコモでんきBasic
実質電気料金合計
(円)
2022年7月(4/2~5/1利用分)5,6854305,2555,1851145,071
2022年8月(5/2~6/1利用分)4,2213203,9013,721843,637
2022年9月(6/2~7/1利用分)8,1775907,5877,6771627,515

結果

我が家では「ドコモでんきGreen」ではなく「ドコモでんきBasic」の方がお得かもΣ(゚д゚lll)

ドコモでんきの契約の検討をしているならdカードの検討もあり

出典『dカード』より引用

ドコモでんきの契約をして、もっとdポイントを獲得しようと思うなら

「dカードの発行」

がおすすめです。

ドコモが提供しているクレジットカードは「dカード」と「dカードGOLD」の2種類があります。

「dカードGOLD」の場合、年会費11,000円がかかりますが、

ドコモケータイ料金の10%がdポイントで還元されます!!

ドコモケータイの料金が2,000円~で月額200ポイント~を受け取れるので、

年間2,400ポイント以上とdカードGOLDの年会費の約4分の1はケータイ料金でまかなうことができます。

dカードdカード
GOLD
年会費永年無料11,000円(税込)
ポイント還元1.0%1.0%
主な特典・ahamoの場合:+1GBパケット追加
・dカード特約店の利用でポイントアップ
・ahamoの場合:+5GBパケット追加
・dカード特約店の利用でポイントアップ
ドコモケータイ料金10%還元
ドコモでんきGreen10%還元
dカードGOLD利用料金の10%還元(ahamoのみ(上限300pt))
ケータイ補償購入からの1年間で最大1万円購入からの3年間で最大10万円
旅行・レジャーでのサポート・海外旅行中の治療費など
・旅行中の不慮の事故など
・海外のレンタカーをお得に利用可能
・海外旅行中の治療費など
・旅行中の不慮の事故など
・海外のレンタカーをお得に利用可能
国内、ハワイの主要空港ラウンジを無料で利用可能
入会特典最大6000ptプレゼント最大11,000ptプレゼント

まとめ

ではまとめに行きます。

ドコモでんきはこんな人におすすめ
  • スマホはドコモ以外→違う電力会社を探す方がいいかも
  • ドコモ関連のスマホ持ち→ドコモでんきBasicがおすすめ
  • ドコモ関連のスマホ持ち+dカードGOLD会員
    →電気料金を計算しつつ、ドコモでんきGreenおすすめ

いかがでしたでしょうか。

他の電話会社も電力自由化で参入しているので、

基本的には、自分が持っているスマホの電話会社が扱っている

『〇〇でんき』

がオススメですよね。

また『こんなことを調べて欲しい』『これってどうなの?』というのがありましたら、

お気軽にお問い合わせください。

ではまた(@^^)/~~~

ドコモ経済圏をもっと知るために読んで欲しい記事2選!

ドコモでんき以外でもdポイントを貯める方法はいっぱいあります。

dポイントがより貯まるサービスの記事と

毎月の支出に合わせた最高効率でのdポイントの貯め方の記事もありますので、

ぜひ読んでみてください。

↓ドコモ経済圏をまとめた記事はコチラ

dポイントを効率的に貯める為に毎月の支出

タイトルとURLをコピーしました