【米国株】AT&T【T】の銘柄分析

米国株

この記事を読むのにかかる時間は大体 4 分だよ。

ぷん
ぷん

ども、ぷんです。
今回は【AT&T】の銘柄について分析していきます。

こんな人におすすめの記事
  • S&P500銘柄について知りたい人
  • 米国株のリサーチ中の人
  • 既に保有していて更に詳しく知りたい人

株価と企業情報

AT&T企業情報

設立1983年10月5日
セクターコミュニケーション・サービス
業種電気通信
採用指数S&P500

【事業内容】
米国の通信業持株会社。通信セグメント、ワーナーメディアセグメント、ラテンアメリカセグメント、およびザンダーセグメントの4つのセグメントを通じて事業を行う。主事業の通信セグメントでは、子会社AT&Tモビリティを通じて米国内の企業や個人に市内・長距離携帯電話、ローミングサービスを提供。また、インターネット接続、専用回線、DSL、IPテレビ「U-verse」、ブロードバンド、IP電話、ウェブホスティングなどのサービスを提供。

株価チャート

続いて株価チャートとなります。

ぷん
ぷん

コロナでガクッと下がり、来期の四半期配当について、
今期と同じ$0.52との発表がありました。
連続増配年数36年にて終止符を打ちました。
今後の株価変動がどうなるか気になるところです。(2020年12月)

銘柄分析

配当権利落ち月1月、4月、7月、10月
配当支払い月2月、5月、8月、11月
連続増配年数36年

AT&Tの株式分割の過去

1987年5月 1株→3株
1993年5月 1株→2株
1998年3月 1株→2株

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ではおさらいしていきましょう。

【AT&T】の復習

  • 連続増配年数36年の配当貴族
  • 過去に3度の株式分割をしている。
  • HBO Maxに期待

ではまた〜(๑ ╹ω╹ ๑)

SBI証券[旧イー・トレード証券]
タイトルとURLをコピーしました