日本株じゃなくて米国株に投資する理由

株基礎知識

この記事を読むのにかかる時間は大体 4 分だよ。

米国株に投資する理由

と書いておきながらごめんなさい
日本株をまったく保有していないわけではありません。

  • タカラトミー
  • オリックス
  • 吉野家ホールディングス

と代表的?な株を保有しています。
理由も至極簡単・・・株主優待です。
成長性とか配当より株主優待を探すのが楽しくて
お金を増やす為、と言うベクトルが若干ズレるんですよね。
まあ個人的な話はおいといて。
米国株に投資する理由でしたね

  • 企業の株主還元意識の強さ
  • 世界的に有名な企業が多い

日本株ではなく米国株投資を選ぶ理由は、主にこの2つです。

米国市場は株主に還元する文化がある?

まず配当が年4回の企業が多い。

日本だと大体2回か1回か何だけど、4回と2回で何が違うのかと言えば
再投資する機会が増えるのがホントに大きいと思います。

有名ブロガーのバフェット太郎さんの銘柄30種でざっくり運用を試みようとした時の
表(下図)があるんですけど、(配当支払い月ではなく権利落ち月にて表作成した記憶)
運用によっては毎月同程度の配当でちょっと高めなランチをいただくこともできます
再投資できます!!。

次に連続増配年数がすごい

日本株では花王が連続増配銘柄では独走している状態で2020年7月現在【30年】です。
最低投資額がちょっと高くて手が出しづらい感じです。
米国株のTOPはアメリカン・ステイツ・ウォーターと言う会社です。
まあごめん、知りませんでした。産業では水道施設に当たります
それで連続増配年数が65年・・・驚愕だよホントに

連続増配年数TOP10

銘柄ティッカー連続増配年数
アメリカン・ステイツ・ウォーターAWR65
ドーバーDOV64
ノースウェスト・ナチュラル・ガスNWN64
ジェニュイン・パーツGPC63
パーカー・ハネフィンPH63
プロクター・アンド・ギャンブルPG63
エマソン・エレクトリックEMR63
スリーエムMMM62
シンシナティ・ファイナンシャルCINF60
コカ・コーラKO58

TOP10だともう大体定年退職になる感じです。
ちなみにプロクター・アンド・ギャンブルって何か賭け事の会社見たいだけど
【P&G】こう表記すると知ってる!!ってなるよね
で、このように連続増配により、株主還元の意識が強く
配当を重視している企業が多いのでおすすめしたくなるんです。

世界的に有名な企業が多い

使用しているスマホもPCもアップル製です
髭剃りはBRAUNと子供のオムツはパンパースでどちらもP&G
月に1度はマックを食べに行くし、その時頼むのはコーラだし、

自分の身の回りには、実は米国企業のサービスがたくさんあることに気づきます。

まとめ

日本株で米国株よりもリターンを上げる可能性はもちろんあります。
しかし、安定していて継続的な増配を見込めるのは日本株よりも米国株だと考えます。

  • 配当回数4回による再投資。再投資による更なる配当。以下ループ
  • 連続増配年数が定年退職レベル(超有名企業も多い)
  • 米国企業が活躍してるのは米国だけでなく世界中だ

コメント

タイトルとURLをコピーしました