【米国ETF】SBI証券で買付作業の自動化してみた事『その2』【入金→定期買付】

株基礎知識

この記事を読むのにかかる時間は大体 3 分だよ。


いつもお疲れ様です。
前回までは住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスから外貨積立について書きました。
今回はSBI証券への入金から定期買付の方法について書いていきます。

こんな人におすすめの記事
  • 毎月の手動作業を少しでも減らしたい方
  • 定期買付の方法を知りたい方

住信SBIネット銀行からSBI証券への入金(手動)

SBIハイブリッド預金をなんかうまく使ってできないかと試してみたんですが
ここはどうしても手動になってしまいました。
python等のプログラミング言語を用いる事でweb操作は可能だとは思いますが
ぷんにはできませんでした。
我こそはという方は『python webブラウザ操作』で検索して教えてください。(╹◡╹)

定期買付の方法

では今回の本題の定期買付です。

まずは定期買付を行いたい銘柄を検索してください。
下図はVYMを参考にしています。
で右側の青丸に書いてある【定期】をクリックします。

すると下図のように設定ができますので頑張って設定していきましょう!!

設定項目説明
預かり区分一般預かりと特定預かりがありますが特定預かりをチェック
買付日選択『日付指定コース』、『曜日指定コース』の2種類があります。
毎週購入の方は『曜日指定コース』が、
月初・月末などの指定をする場合は『日付指定コース』がオススメです。
買付方法(指定方法)『株数指定』と『金額指定』の2種類があります。
名前の通り株数で指定する場合は『株数指定』で、
高値買いを避ける買い方をするのであれば『金額指定』を選択してください。
買付方法(決済方法)『外貨決済』と『円貨決済』の2種類です。
個人的には『外貨決済』がオススメですが、今どうしても買いたいけど
外貨がない!!という場合には『円貨決済』もオススメです。
ボーナス月コース年2回のボーナス買付日を指定できます。
こちらは『株数指定』での購入になります。
ぷんたろ
ぷんたろ

ちなみにぷんは月2万円のETF投資なので、
『株数指定』で2口の『外貨決済』で
買い漏れのないように(入金し忘れとか)
10日と20日の『日付指定コース』で定期買付を行っています。

まとめ

SBI証券【入金→定期買付】

  • 住信SBIの『外貨普通預金』から
    SBI証券口座へは手動入金が必要
  • 定期買付は『特定預かり』で
    買付日選択や買付方法を設定して毎月自動購入

今回でぷんの手動作業の自動化は以上となります。
こんなのあるよ〜って方はぜひ教えてください。

内容が『その1』、『その2』で終わってしまいました。
『前編』、『後編』にしとけばよかったかも。
まあいっか。ではまた

タイトルとURLをコピーしました