【米国株】アクティビジョン・ブリザード【ATVI】の銘柄分析

米国株

この記事を読むのにかかる時間は大体 3 分だよ。

ぷん
ぷん

ども、ぷんです。
今回はゲームで有名なアクティビジョン・ブリザード社の銘柄についてです。

こんな人におすすめの記事
  • 米国株のリサーチ中の人
  • 既に保有していて更に詳しく知りたい人
  • ゲーム好きな人

株価と企業情報

アクティビジョン・ブリザード企業情報

設立2008年7月10日
(アクティビジョンと ヴィヴェンディ・ユニバーサルゲームズの合併日)
セクターコミュニケーション・サービス
業種エンターテイメントコンテンツ
採用指数S&P500

【事業内容】
米国最大のゲーム会社でビデオ・ゲーム装置、パソコン(PC)及びモバイル装置を含む各種ゲーム・プラットフォームを通じてコンテンツ・サービスの開発・発行を行う。同社は4つの事業セグメントを運営する。Activision Publishing, Inc.(Activision)事業は、インタラクティブ・ソフトウェア製品と娯楽コンテンツの開発・発行を行う。Blizzard Entertainment, Inc.(Blizzard)事業は、インタラクティブ・ソフトウェア製品とPCゲーム等の娯楽コンテンツの開発・発行を行う。King Digital Entertainment(King)はモバイル娯楽会社である。他の事業として、
メジャーリーグゲーミング(MLG)事業、Activision Blizzard Studios(スタジオ)事業、及びActivision Blizzard Distribution(流通)事業を展開している。

株価チャート

続いて株価チャートとなります。

ぷん
ぷん

2020年3月頃のコロナで特に下がることはなく巣ごもり需要で増えています。
またサウジアラビア公共投資資金が、2021年2月に約1,490万株取得した際、瞬間的に株価が100ドルを超えました。(2021年7月)

銘柄分析

配当権利落ち月4月(2021年時点)
配当支払い月5月 (2021年時点)

配当利回りは0.55%程度とそんなに高くはない。

代表作品(合併前も含む)

まずは合併前それぞれの代表作を見ていきます。
・ヴィヴェンディ・ユニバーサルゲームズ (ブリザード・エンターテイメント):
 ウォークラフト、ディアブロ、スタークラフトなど
アクティビジョン:
 ピットフォール、コールオブデューティー、クラッシュバンディクーシリーズなど
合併後の代表作:
 スカイランダーズ、キャンディークラッシュ

ピットフォールとは1982年スーパーマリオが登場するまで世界で最も売れたゲームで、
『ATARI2600』というハードでプレイすることが可能。

ぷん
ぷん

ファミコンより前に家庭用ゲーム機が存在していたことを知らなかった。

スカイランダーズは2012年に世界中で最も売れたゲームでリアル玩具をゲームの世界へ移動させて
遊ぶことのできる、フィギュア連動ゲームです。
日本でも任天堂が出しているamiiboで馴染みがあるかもしれません。

またキャンディークラッシュは2015年11月にキングを59億ドルで買収したため、代表作としています。

このことからわかるように、初期~最近までの有力ゲームを網羅しています。
これからも世界のゲームの先陣をきる会社だと感じます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ではおさらいしていきましょう。

【ATVI】の復習

  • 米国最大のゲーム会社
  • 配当利回りは0.55%と高配当ではない。
  • フィギュア連動ゲームなど新しい試みによりゲーム会社の先陣を切っている。

ではまた〜(๑ ╹ω╹ ๑)

SBI証券[旧イー・トレード証券]
米国株
スポンサーリンク
ぷんをフォローする
ぷん&あぴのブログ【米国株投資】【離乳食・幼児食】
タイトルとURLをコピーしました