【米国株】アッヴィ【ABBV】の銘柄分析

この記事を読むのにかかる時間は大体 4 分だよ。

ぷん
ぷん

ども、ぷんです。
今回はアボットラボラトリーズより分社されたアッヴィについてです。

こんな人におすすめの記事
  • S&P500銘柄について知りたい人
  • 米国株のリサーチ中の人
  • 既に保有していて更に詳しく知りたい人

株価と企業情報

アッヴィ企業情報

設立2013年1月1日
セクターヘルスケア
業種医療
採用指数S&P500

【事業内容】
アッヴィは研究型バイオ医薬品企業。各種医薬品の発見・開発・製造・販売に従事する。主にC型肝炎、神経学、免疫学、腫瘍学、慢性腎疾患などの分野における医薬品の開発に取り組む。アボット・ラボラトリーズの研究開発医薬品部門の分離独立に伴い2013年度に設立。主力製品はリウマチ性関節炎や乾癬治療薬「ヒュミラ」など。

株価チャート

続いて株価チャートとなります。

ぷん
ぷん

業績は良好でwithコロナに対応しているイメージです。(2021年1月)

銘柄分析

配当権利落ち月1月、4月、7月、10月
配当支払い月2月、5月、8月、11月

設立以来7年連続増配となっています。

ヒュミラの特許について

アッヴィの主力製品にヒュミラという製品があります。
リウマチ、クローン病等の自己免疫疾患に作用する製品です。
同社の売上の半分以上をこの製品で稼いでいます。
しかし特許切れにより2023年からはジェネリック医薬品が出るかもという懸念があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ではおさらいしていきましょう。

【ABBV】の復習

  • 2013年アボットラボラトリーズより分社された
    大手バイオ医薬品メーカー
  • 7年連続増配の高配当株
  • 主力製品の特許切れにより2023年以降が気になる銘柄

ではまた〜(๑ ╹ω╹ ๑)

SBI証券[旧イー・トレード証券]
米国株
スポンサーリンク
ぷんをフォローする
ぷん&あぴのブログ【米国株投資】【離乳食・幼児食】
タイトルとURLをコピーしました